環境に配慮した新しいワイン「リゲア」発表 シチリアワインメーカー「ドンナフガータ」

シチリアのワインメーカー「ドンナフガータ」が、5月下旬に在日イタリア大使館で環境に配慮したパッケージで生まれ変わった新商品「リゲア」を発表した。また、同イベントでは、五感でワインを楽しむマスタークラステイスティングも開催された。

ドンナフガータは170年以上にわたって高品質なワインを生産し続けてきた家族経営のワインメーカー。シチリアの4つの地域(エトナ、ヴィットーリア、コンテッサ・エンテリーナ、パンテレリア島)に農園を持ち、30年以上にわたり環境と社会のサステナビリティに取り組んできた。

「リゲア」は、パンテレリア島で収穫されたブドウ、ジビッポを主体とする、暑い日に楽しむのに適した味わいが人気の白ワイン。2023年の収穫分より、環境に配慮したパッケージで生まれ変わった。

ボトルには、シチリア島でリサイクルされたガラスを使用した軽量ボトル「チェント・ペル・チェント・シチリア」と、クロージャーには海洋汚染を防ぐために沿岸地域で回収されたプラスチックを再利用した「ノマコルク・オーシャンキャップ」を採用。環境に優しい素材を使用し、同社が掲げる持続可能なワイン造りを実現。国連が掲げる 2030 アジェンダに沿った海洋生態系の保全に貢献している。

イベントでは、この日のために来日したドンナフガータ創業家の6代目、ガブリエラ・ファヴァラが、ドンナフガータのビジネスや、ユネスコ登録されている葡萄栽培などシチリアを代表する同社ならではの持続可能な取り組みについて紹介し、その後「リゲア」をはじめとする同社のワイン6種をテイスティング。

このテイスティングでは、「スル・ヴルカーノ」や「ミッレ・エ・ウナ・ノッテ」や「ベン・リエ」など、同社の農園がある4つの地域の特性を活かしたドンナフガータを代表するワインが紹介された。

当日、会場を提供した在日イタリア大使、ジャンルイージ・ベネディッティは、「イタリア大使館および日本国内のイタリア企業支援機関の活動は、メイド・イン・イタリーおよびイタリア企業の支援に注力しています。特に日本市場に関心を寄せる農業食品企業にとって、これは重要です」と述べ、「ドンナフガータ社とのテイスティングイベントにも多くの専門家が参加し、日本でのイタリアワインのプロモーション活動の重要性を実感しました」と語った。

ガブリエラ・ファヴァラは、「日本のイタリア大使館という素晴らしい場所で、ドンナフガータとして、イタリアの卓越性を代表するようなイベントを開催できて嬉しい」また、「ドンナフガータのワイン造りを紹介し、五感で楽しんでいただく機会を提供できたことに感謝します。今後は、多くのパートナーの協力を得ながら、日本でのプロモーション活動をさらに強化していきます」と述べた。

ドンナフガータは、シチリア全土にわたる領土で、それぞれの土地にあったブドウ栽培とワイン造りを通じ、170年以上続く技術および文化を継承する一方、様々な分野で新しい技術や適切な手法を取り入れ進化し、サステナビリティへのコミットメントを強化している。

ドンナフガータ(https://www.donnafugata.it/en/)のワインは、大手百貨店やEataly、オンラインで購入できる


Lighea 2023(リゲア2023) 希望小売価格:3,800円(税抜

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施