自治体・行政

「アートウィーク東京」、世界最高峰アートフェアと提携し今年も開催

2023年11月2日(木)から5日(日)の4日間、一般社団法人コンテンポラリーアートプラットフォームは、国際的なアートイベント「アートウィーク東京(略称:AWT)」を開催することが発表されました。世界最高峰のアートフェア「アートバーゼル」との提携を背景に、日本の現代アートの魅力とコミュニティがきらめく本イベントに、多くの期待が寄せられています。

都内美術館・ギャラリーを結ぶ「AWT BUS」

昨年を上回る全7ルートでの運行となる「AWT BUS」は、東京の50の美術館やギャラリー、各プログラム会場を無料で巡回します。10時から18時まで約15分おきにバスが巡回、アートファンは東京の現代アートシーンを存分に楽しむことができます。

歴史と現代のクロスオーバー「AWT FOCUS」

「買える」展覧会として注目の「AWT FOCUS」は、滋賀県立美術館ディレクター(館長)の保坂健二朗氏がアーティスティックディレクターに。64名のアーティストによる100点以上の作品を大倉集古館で展示。物質と非物質、アートとデザイン、自然と人工といったテーマを巧みに織り交ぜながら、日本の近現代美術の新しい解釈を展示します。

 

アートとグルメの融合「AWT BAR」

 

南青山に期間限定でオープンする「AWT BAR」は、建築家・山田紗子が設計を手掛ける空間で、ミシュラン1つ星のフレンチレストラン「Sincere(シンシア)」オーナーシェフ「石井真介」が提供するメニューと共に、展覧会を開催するアーティスト、大巻伸嗣、小林正人、三宅砂織3名とのコラボレーションカクテルを味わうことができます。

 

食とアートの融合を五感で楽しむことができる場となるでしょう。

さらに、「AWT TALKS」では、慶應義塾大学でのシンポジウムやラウンドテーブルの他、新たにオンライントークシリーズも3本配信予定とのこと。

 

アートウィーク東京は、国内外からの注目を浴びること間違いなしのイベント。日本のアートシーンの多様性と創造性を体験したい方は、是非この機会をお見逃しなく。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。