新進アーティスト5組、未来のアート界を牽引!寺田倉庫で個展「TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展」開催

寺田倉庫株式会社は、2024年1月10日から28日までの期間、「TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展」を開催することを発表しました。この展覧会では、新進アーティストの金光男、冨安由真、原田裕規、村上慧、やんツーの5組が、個展形式で新作を含む作品を発表します。

「TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展」は、寺田倉庫のリノベーションされたイベントスペース「寺田倉庫 G3-6F」を舞台に、各ファイナリストがエントリーした展示プランを元に独自の展示を創り上げます。この展覧会は、新進アーティストの支援を目的とした現代アートアウォードで、寺田倉庫は本アウォードを通じて、アーティストが活躍できる社会を紡ぐとともに、未来のアート業界を牽引する可能性を秘めたファイナリストのキャリアを全力で支援します。

また、会期初日には、最終審査員の金島隆弘氏、神谷幸江氏、寺瀬由紀氏、真鍋大度氏、鷲田めるろ氏からファイナリストへ授与する各審査員賞が発表されます。これにより、ファイナリストたちは自身の、そして日本のアートシーンの前例を超え、世界に羽ばたき、その存在意義を確立する機会を得ることになります。

「TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展」は、新進アーティストの才能を発掘し、育成する場となり、観客にとっては新たなアートの発見の場となることでしょう。

ーファイナリスト展示プラン概要ー

金光男(きむ みつお)は、時間と共に溶けていく赤いカヌーのインスタレーションと平面作品を展示し、戦争や別離、イデオロギーの分裂だけでなく、新たな旅立ちや平和への希望を表現する。

冨安由真(とみやす ゆま)は視点の転換に注目し、自己の視点、他者の視点、神や亡霊の視点、夢の中の視点など、複数の視点の切り替えを通じて不安定さを感じさせる作品を展示する。

原田裕規(はらだ ゆうき)は移民が経験したプロセスを、言語学習のシャドーイングによる「声の重なり」と、自身の表情をデジタルヒューマンにトラッキングさせる「感情の重なり」によって再演。

村上慧(むらかみ さとし)は舞台上にいる夢で感じたどの時代にも共通する普遍的な不安の感覚 や祖父の認知症を通じて不安や認知の問題について考察し、フィクションとノンフィクションの二項対立図式を超えていけると考えている。

やんツー(やんつー)は、未来の世界で、人間の作った美術品が倉庫で発見される。しかし、それを発見した装置たちは美術の価値を理解できず、人間の行動を模倣して美術を理解しようと試みる。

【TERRADA ART AWARD 2023 開催概要】
https://www.terradaartaward.com
対象活動:現代アート全般(絵画等の平面、写真、立体(オブジェクト)、テキスタイル、映像、デジタル・メディアアート、パフォーマンスなど身体表現、音または音楽など全ての媒体を含む)
支援内容:ファイナリスト 5 組に各 300 万円
※TERRADA ART AWARD 2023 ファイナリスト展のための新作制作・展示の費用を含む

副賞:「ルイナール ブラン・ド・ブラン」、「PIGMENT TOKYO」の商品 10 万円分、寺田倉庫の美術品保管サービスの 2 年間無料利用

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施