ファミマで本格恵方巻!目玉は「なだ万監修特上恵方巻」「肉山監修2929恵方巻」 早期予約やアプリ予約でお得に

ファミリーマートは、2024年の「恵方巻」の予約を、2023年12月21日から2024年1月26日にかけて、全国の「ファミリーマート」店舗およびアプリ「ファミペイ」にて受付している。店舗での販売は2月1日から3日まで。それに伴い、1月9日、ファミリーマートは本社にて先行試食会を実施した。

本イベントには、ファミリーマートデリカ食品部長の木内智朗氏に加え、「なだ万」執行役員食品事業本部兼調理本部副本部長の中原健次氏と「肉山」オーナー光山英明氏が登壇。販売戦略や各恵方巻の特徴やこだわりを話した。

老舗の極上な味わい「なだ万監修 特上恵方巻」と肉とキムチの旨辛コラボ「肉山監修 2929恵方巻」

今年の恵方巻には、老舗料亭が監修した新商品「なだ万監修 特上恵方巻」に加え、東京・吉祥寺の焼肉店監修で、昨年から好評の「肉山監修2929(にくにく)恵方巻」がラインナップされている。

販売にあたり木内氏は、「恵方巻の市場は、昨年が前年比111.3%で過去最大まで伸長。市場状況としては、コンテンツコラボ系よりは有名店の監修商品が増加している」と説明した上で、メリハリ消費に対応して有名店監修の2アイテムを揃えたと販売戦略を明かす。

「なだ万監修 特上恵方巻」は、穴子やいくら、かつお本枯節だしを使用した玉子焼き、数の子など、縁起の良い7種類の具材を使用した、食べ応えのある贅沢な一品。監修にあたって一番こだわったポイントはかつお本枯節だしを使用した玉子焼きだという。

中原氏は、「かつお本枯節だしは、スーパーなどで手に入る荒節より多くの手間暇をかけて作られた極上のかつお節で、まろやかで深みのある味わいが特徴です。ただし、料理は調和が大事です。玉子焼きだけが突出するのではなく、食べたときに全ての具材の調和を感じて美味しく召し上がっていただけるよう、その他の具材の選別や配置にもとことんこだわりました」と自信をのぞかせた。

一方「肉山監修2929恵方巻」は、炭火焼き牛カルビとヤンニョンジャンのたれで深みを出したピリ辛なキムチとの相性が良い、旨辛な味わいの一品。昨年の商品と比べ、具材の比率を高めており、より「肉山」の味わいを楽しめるという。こだわったポイントは、ヤンニョンジャンのタレと和えたキムチで、「お肉との相性が抜群です」と光山氏。続けて「コンビニは、購入層が広いのでどのお客様にも美味しいと思っていただけるように、肉の味付けやキムチ、タレのバランスにこだわりました」と話した。

いざ、実食…!

「なだ万監修 特上恵方巻」は、7つの具材が入っていることから、断面が華やか。一口食べると、甘さ控え目な玉子焼きや食感が良い数の子、プチっと弾ける醤油漬けのいくらなど7つの具材が合わさって、上品な味わいを織りなす。醤油を付けなくても、それぞれの具材の味が存分に発揮され、最後まで美味しくいただけた。

続いて、「肉山監修 2929恵方巻」。こちらは、試食用パックの封を開けた途端にキムチの香りが。具材の比率を上げたとのことだが、断面からも肉がぎっしりと詰まっているのがわかる。海産物の旨味を感じるヤンニョンジャンのタレとシャキッと食感のキムチ、そして、炭の香りを纏ったカルビのコラボは、美味しくないわけがない。ピリ辛だが辛すぎることはないので、お子様からご高齢の方まで幅広く楽しめるだろう。

早期予約特典やファミペイ予約特典も!

ファミリーマートは、2024年の恵方巻発売にあたり、食品ロス削減に向けて予約販売を推奨。

予約特典の一つとして、2019年よりアプリ「ファミペイ」でWEB予約を開始。予約した恵方巻の会計時に、「ファミペイ」バーコードをレジでスキャンすれば、1品ごとに期間限定のファミペイボーナス50円相当の還元を受けられる。

もう一つの予約特典は、1月12日9時までの早割。恵方巻を2品予約する毎に、お会計金額から10%引きとなるそうだ。

今回紹介した2つの恵方巻のほか、「贅沢 海鮮恵方巻」、「海鮮恵方巻」、「恵方巻」、「サラダ恵方巻」と豊富なラインアップが揃い、さらに、「生チョコクレープ」や「塩豆大福」など節分スイーツも用意される。

定番から老舗の本格派や変わりダネまで、幅広く揃うファミリーマートの恵方巻。人数や予算、好みに合わせて選んでみては。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ