睡眠エンタメアプリ『よひつじの森』と眠れるシアター「Theater Zzz」がコラボ、「睡眠図書館」が期間限定オープン

9月8日の「休養の日」に合わせて、睡眠エンタメアプリ『よひつじの森』が、眠れるシアター「Theater Zzz」とコラボ。それに伴い「睡眠図書館」が9月6日~8日に期間限定でオープンする。

9月6日には、プレス体験会が東京都墨田区にある「Theater Zzz」にて開催。アプリを共同開発する株式会社ENDROLLのCEO・前元健志氏と株式会社集英社の漆原正貴氏がプレゼンテーションを行った。

『よひつじの森』は、寝る前についスマホを触ってしまうことで、寝つきが悪くなったり、夜更かしをしてしまったりする⼈に向けて企画・開発された、睡眠エンタメのスマホ向けアプリ。

本アプリのテーマは「スマホから離れて自分だけの静かな夜を過ごすこと」。ユーザーは、ひつじのキャラクター「ヨル」と共にゲーム内で日々を過ごし、規則正しい就眠や、睡眠前のデジタルデトックス習慣を継続することで、睡眠中に流せる音楽を集めながら旅を進めていく。旅を進めるにつれて明らかになっていく「世界の秘密」も、物語として見どころになっている。

プレゼンテーションにて、前元氏は「眠れないという悩みに対して、心に寄り添う、メンタルヘルス的な方法に注力しました。その結果『眠れない夜を楽しむアプリ』というコンセプトになりました。『よひつじの森』ですることはとても簡単です。アプリを開いて、目標の時間にきちんと眠り始めること。眠りにつくことというのは、別に眠れなくてもいいんです。ベッドに入って就寝する準備をする。そして、一度ベッドに入ったらスマートフォンを触らない。この2点を大事にしたアプリです」と、コンセプトや使用方法について説明した。

続けて、「この習慣を続けるために、寝ているときは自分のお気に入りの音楽をカスタムして流せる機能や、自分の睡眠の記録がかわいいひつじになって出てくるようになっています」と『よひつじの森』ならではの、カスタマイズ要素にも言及。

漆原氏は、『よひつじの森』の魅力について「キャラクターがとにかく良い」と切り出し、続けて、集英社の漫画作りのノウハウを活かしたエピソードとして「今回、集英社らしい作り方をしてみました。集英社にはアンケートやファンコミュニティがあります。『よひつじの森』は正式版をリリースするまでに先に読者の方をコミュニティに集めて、その方々に対して、先にキャラクターを見せて物語を体験してもらってアンケートを取り続けました」と、ユーザーに向き合ってアプリ作りを進めた経過を紹介した。

イベント開催中、「Theater Zzz」ではリラックスティーとともに『よひつじの森』の物語と世界観を楽しみながら休養ができる。さらに、来場者特典として書き下ろしオリジナル短編ストーリーとよひつじたちの栞セットが用意されている。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ