TBSホールディングスが松竹との資本業務提携を発表、アニメーションIP開発、映像コンテンツ共同製作


本日、TBSグループがエンタテインメント分野でのさらなる発展を目指し、松竹株式会社との資本業務提携に合意したことが発表されました。この提携は、アニメーションIP(知的財産)開発および映像コンテンツの共同製作を軸に、両社のシナジー効果を最大限に活かし、エンタテインメント企業としての価値を高めることを目的としています。

提携の主な内容は以下の通りです。

  1. テレビシリーズ・アニメーション、アニメ映画・実写映画等の映像コンテンツの共同製作。
  2. オリジナルIP・キャラクターの共同開発及び展開。
  3. アニメシアターや専用イベントホールの共同設立及び運営。
  4. 赤坂エンタテインメント・シティと東銀座再開発の提携や新規協業の検討。

加えて、資本提携の内容として、両社による相互の株式取得が行われる予定です。これにより、TBSグループと松竹の協力関係が一層強化され、提携の推進が期待されます。

TBSグループは、「最高の“時”で、明日の世界をつくる」というブランドプロミスのもと、「TBSグループ VISION2030」に沿って、コンテンツクリエイティブの革新と拡張戦略「EDGE」を推進してきました。特にアニメーションIPの重要性が高まる中、マンガボックスの子会社化や韓国NAVER WEBTOONとの合弁会社設立、アニメーション制作力強化のための子会社への増資など、積極的な取り組みを展開してきました。

今回の松竹との提携により、アニメーション企画力のさらなる強化が見込まれます。共同製作するテレビシリーズ・アニメーションやアニメ映画は、ハイエンドな制作体制とオリジナルIPの開発により、多角的な成長戦略の実現が期待されます。また、専用シアターの新設やキャラクター開発など、アニメーションIPを複合的に捉えた新たな取り組みが可能になります。

この資本業務提携により、TBSと松竹は、創造的かつ多様なエンタテインメントコンテンツの提供を目指します。提携契約は2024年1月26日に締結され、株式取得は2024年6月30日に完了する予定です。

本提携がTBSグループの業績に及ぼす影響は現時点で軽微とされていますが、今後の動向や影響については、必要に応じて随時公表されるとのことです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。