TBSホールディングスが松竹との資本業務提携を発表、アニメーションIP開発、映像コンテンツ共同製作


本日、TBSグループがエンタテインメント分野でのさらなる発展を目指し、松竹株式会社との資本業務提携に合意したことが発表されました。この提携は、アニメーションIP(知的財産)開発および映像コンテンツの共同製作を軸に、両社のシナジー効果を最大限に活かし、エンタテインメント企業としての価値を高めることを目的としています。

提携の主な内容は以下の通りです。

  1. テレビシリーズ・アニメーション、アニメ映画・実写映画等の映像コンテンツの共同製作。
  2. オリジナルIP・キャラクターの共同開発及び展開。
  3. アニメシアターや専用イベントホールの共同設立及び運営。
  4. 赤坂エンタテインメント・シティと東銀座再開発の提携や新規協業の検討。

加えて、資本提携の内容として、両社による相互の株式取得が行われる予定です。これにより、TBSグループと松竹の協力関係が一層強化され、提携の推進が期待されます。

TBSグループは、「最高の“時”で、明日の世界をつくる」というブランドプロミスのもと、「TBSグループ VISION2030」に沿って、コンテンツクリエイティブの革新と拡張戦略「EDGE」を推進してきました。特にアニメーションIPの重要性が高まる中、マンガボックスの子会社化や韓国NAVER WEBTOONとの合弁会社設立、アニメーション制作力強化のための子会社への増資など、積極的な取り組みを展開してきました。

今回の松竹との提携により、アニメーション企画力のさらなる強化が見込まれます。共同製作するテレビシリーズ・アニメーションやアニメ映画は、ハイエンドな制作体制とオリジナルIPの開発により、多角的な成長戦略の実現が期待されます。また、専用シアターの新設やキャラクター開発など、アニメーションIPを複合的に捉えた新たな取り組みが可能になります。

この資本業務提携により、TBSと松竹は、創造的かつ多様なエンタテインメントコンテンツの提供を目指します。提携契約は2024年1月26日に締結され、株式取得は2024年6月30日に完了する予定です。

本提携がTBSグループの業績に及ぼす影響は現時点で軽微とされていますが、今後の動向や影響については、必要に応じて随時公表されるとのことです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  2. ロボットの料理宅配開始へ

  3. ワークマン、子ども服に本格参入

  4. AI悪用による選挙妨害阻止、大手IT20社が協力取り組みに合意

  5. H3ロケット試験機2号機、打ち上げ成功

  6. OpenAIが実用レベルの動画生成AI「Sora」を発表 ~テキストから最長1分の動画を生成/映像内に映ったものが物理世界にどのように存在するのかも考慮

  7. 【エン人材教育財団】受賞はクラダシとロート製薬 第4回CSA賞~20代に薦めたい『次世代型人材』創出企業〜

  8. 高速PA・SAにコンビニ型ジム「chocoZAP」設置

  9. まるで本人、ネット詐欺の「ディープフェイク」技術が向上して見分けるのが難しいレベルに【ネット詐欺に注意!】

  10. 企業の福利厚生に売店ではなくセブン‐イレブンという新発想 50㎡から出店可能で充実の品揃え 最大のウリは「レジ待ち0分」

365AIニュースセンター最新記事

  1. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  2. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  3. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  4. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  5. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  6. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設

  7. NTTが個人分身AI「Another Me」開発

  8. 恋愛感情が味に!?「恋AIパン」発売