建設業界、倒産急増で危機感 前年比38.8%増

帝国データバンクが公開した「建設業」倒産動向調査によると、2023年日本国内の建設業界における倒産件数が前年比38.8%増の1,671件に急増したとのこと。

これは2000年以降で初めての30%を超える増加率であり、リーマン・ショック期をも上回る水準です。特に注目されるのは、コロナ禍前の2019年(1,414件)を超え、2014年以降で2番目に多い件数になりました。

この急増の背景には、コロナ禍での政策的な倒産抑制の揺り戻しが考えられますが、資材価格の高騰や人手不足による建設コスト上昇も深刻な影響を及ぼしています。負債総額は1,857億300万円に上り、前年比で52.5%の増加を記録。大手パチンコチェーン「ガイア」のグループ会社であるMG建設とガイア・ビルドの倒産が全体を押し上げたものの、これらを除けば平均負債額は8,900万円と、小規模業者の倒産が中心であることがうかがえます。

建設業界は、施主との価格交渉が難航し、請負単価の上昇が見込めない中で資材高騰が続き、元請け、下請け双方の収益力が低下しています。さらに、人手不足による工期の延長が支払いの遅延を招き、資金繰りに影響を与えています。一方で、2024年問題として知られる残業時間の上限規制が迫っており、今後さらなる倒産増加が懸念されています。

地域別では、北海道が前年比210%増の62件、九州が50.5%増の158件となり、いずれも過去10年で最多の倒産件数を記録しました。北海道では戸建を中心に資材価格の上昇が影響し、九州では大型プロジェクトの活発化によるキャッシュアウトが先行し、資金繰りがショートするケースが増えています。

このように、建設業界はコロナ禍からの回復期においても、多くの業者が資金繰りに苦しんでおり、地域経済に与える影響も懸念されています。業界全体での対策として、価格転嫁や工期の適正化が進められていますが、下請業者への浸透には時間がかかる可能性があり、引き続き厳しい状況が予想されます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ