「newmo」ライドシェア事業参入

日本の交通環境は、新型コロナウイルスの影響や高齢化に伴う離職などでタクシー運転手が減少する一方で、コロナ収束後の観光客増加により、特に都心部や観光地での移動手段不足が深刻化しています。このような背景の中、青柳直樹氏を代表とするnewmo株式会社が、利用者視点を重視した持続可能な地域交通の実現を目指し、ライドシェア事業への参入を発表しました。青柳氏は、グリー株式会社の取締役CFOや事業統括本部長、株式会社メルカリの執行役SVP Japan Region、Marketplace CEOを歴任するなど、豊富な経験を持っています。

newmoは、2024年1月に設立され、利用者が安心・快適に利用できるユーザー体験の提供と、ドライバーが柔軟に働ける仕組みを通じて、地域経済や日本経済の活性化に貢献することを目指しています。特に昨今のライドシェア解禁に関する議論が短期的かつ部分的な問題解決に留まっている点を指摘し、地域課題の本質的な解決手段として地域交通がどうあるべきか、新法を含めた適切な法制度の構築が必要であると強調しています。

2024年4月には、タクシー事業者管理下で一般ドライバーがマイカーを用いて有償で旅客を運ぶ「日本型ライドシェア」が限定的に解禁される予定であり、そのような状況下でnewmoの事業参入は、地域交通の新たな選択肢になり、移動をより多様で自由なものになると期待されています。

newmoの事業提供開始時期や方法、地域などの詳細については、今後の発表を待つ必要がありますが、青柳氏のリーダーシップのもと、新たなライドシェアサービスがどのような影響をもたらすか、多くの関心が集まっています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ