50歳以上の携帯電話詐欺の実態調査 「誰でもスマホ」調査結果を発表

株式会社アーラリンクは、携帯電話を持てない通信困窮者を支援する「誰でもスマホ」サービスを提供している。同社の「誰でもスマホ リサーチセンター」では、50代以上の利用者を対象に、スマホ詐欺に関するアンケートを実施し、その結果を発表した。

調査結果によれば、利用者の約半数(53.3%)が詐欺と思われる電話やメール、ショートメッセージに困った経験があると回答した。これらの利用者は、特にインターネットやスマホ操作に不慣れな高齢者が多く、スマホ詐欺の被害に遭いやすい現状が浮き彫りになった。

16.0%が実際に詐欺被害を経験

アンケートでは、詐欺被害の具体的な内容も明らかになった。例えば、通販詐欺で送金後に連絡が途絶えたり、偽のアプリ料金を請求されたりするケースが報告されている。その他にも、見覚えのない借金の督促や、SNSを通じた当選詐欺によりアカウントが乗っ取られる被害も多く見られた。

調査の結果、全体の16.0%が実際に詐欺被害を経験していることが判明した。具体的な被害内容としては、偽の通販サイトへの送金や、身に覚えのない料金の請求、アカウントの乗っ取りなどが挙げられる。これらの被害は、スマホやインターネットに対するリテラシーの低さを狙ったものであり、その対策が急務であることが示された。

詐欺被害を防ぐための対策として、多くの利用者が基本的な方法を実践していることが分かった。「心当たりのないものは無視する」78.5%、「心当たりのないリンクやファイルは開かない」67.7%、「着信拒否、受信拒否をする」53.3%と、多くの方が詐欺対策を意識していることが示された。しかし、それでも実際の被害が減らない現状があるため、より一層の対策が求められる。

詐欺被害の相談先

詐欺被害に遭った際の相談先についての質問では、「警察」が66.1%で最も多く、次いで「携帯会社」30.2%という結果であった。しかし、「相談せず、自分で解決する」と回答した人が12.8%、「相談できる人はいない」と回答した人が7.4%いることも判明した。この結果から、多くの人が一人で問題を抱え込んでしまう傾向があることが浮かび上がった。

「誰でもスマホ リサーチセンター」は、こうした実態を受け、詐欺対策講座を開催するなど、利用者が安心してサービスを利用できる環境を整える取り組みを進めている。同センターは今後も、通信困窮者の声を届け、社会全体での問題解決を目指して活動を続ける予定である。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施