寿司職人の健康を支える新たな試み「機能性ウェア」で負担軽減を目指す実験開始

東北を中心に寿司事業を展開する株式会社アミノ(宮城県仙台市)は、寿司職人の負担軽減を目的とした機能性ウェアの着用実験を7月から開始する。日本の食文化の代表である寿司職人の健康サポートに、このウェアがどのように役立つかを検証する予定である。

世界に愛される「寿司」の背景

2013年に「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録された。和食の中でも寿司は日本を代表する料理であり、世界的にも人気が高い。今年3月、日本政府観光局の調査では、日本を訪れる外国人観光客がコロナ禍前を上回り、過去最多の308万人に達した。また、農林中央金庫のアンケートによると、訪日観光客の約7割が「滞在中に食べた日本の料理」として寿司を挙げている。

一方で、寿司業界は深刻な職人不足に直面している。寿司職人は魚の知識や技術が求められるため、一定の教育期間が必要である。そのため、新たな職人の確保が難しく、職人の長時間労働や立ちっぱなしの作業からくる健康問題も課題となっている。

株式会社アミノの取り組み

こうした状況を受け、株式会社アミノでは従業員が働きやすい環境づくりに注力している。今回は宮城県仙台市に本社を置くアパレル企業、株式会社りらいぶと協業し、機能性ウェアを使った健康サポート実験を実施することになった。7月から11月にかけて、機能性ウェアの着用前後で整骨院の通院回数の減少などの効果を検証する。

実験で使用されるのは、株式会社りらいぶの「リライブウェア」である。これはトルマリンなどの鉱石を練り込んだインクがシャツにプリントされており、そこから遠赤外線が放出されることで血行が促進されるというものだ。2017年の発売以来、すでに100万着以上が販売され、高齢者や肉体労働者、介護従事者、アスリートなど幅広い層に利用されている。

提供する機能性ウェア(インナー)

未来への期待

株式会社アミノ 代表取締役 上野敏史氏

株式会社アミノの代表取締役、上野敏史氏は今回の取り組みについて「従業員の健康問題の向上に効果があるかを確認し、結果次第では全店舗でのユニフォームとして採用し、全従業員の労働負担軽減につながることを期待している」と語っている。

7月から11月まで行われる実験の成果により、寿司職人の働く環境がどのように改善されるか、注目される。今回の実験が成功すれば、寿司業界全体における職人の健康問題解決の一助となることが期待される。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施