地⽅競⾺公式サービスSPAT4「会員数100 万⼈達成!⼤感謝祭」開催中。

⼀般社団法⼈関東地⽅公営競⾺協議会と株式会社eパドックは、インターネットで全国の地⽅競⾺を全レース楽しめる公式サービス「SPAT4」の会員数 100 万⼈達成を記念して、「SPAT4 会員数 100 万⼈達成!⼤感謝祭」を開催することを決定した。

会員数100万人達成

「SPAT4」とは、地⽅競⾺の投票ができるほか、全てのレース映像やさまざまなデータがチェックできるなど、地⽅競⾺を楽しむコンテンツが満載の地⽅競⾺公式サービスだ。

サービス開始後、多くの人がこのサービスをご利⽤し、会員数 100 万⼈を達成したことを記念してさまざまなキャンペーンを実施。

今回の「SPAT4 会員数 100 万⼈達成!⼤感謝祭」では、2023 年 2 ⽉ 27 ⽇(⽉)から 3 ⽉ 26 ⽇(⽇)の期間中、新規入会者向けの「SPAT4 新規⼊会キャンペーン」、会員を対象にした「SPAT4 会員限定キャンペーン」や「#SPAT4 会員数 100 万⼈達成 Twitter キャンペーン」など、多くの人に楽しんでもらえるキャンペーンを⽤意している。

豪華プレゼントの数々

「SPAT4 新規⼊会キャンペーン」では、期間中、SPAT4 に新規⼊会し、⾺券を 100 円以上購⼊した人の中から、抽選で 1,000 名に SPAT4 プレミアムポイント 200,000(1,000 円分)をプレゼント。

また、「SPAT4 会員限定キャンペーン」では、公式だからこそ実現できた南関東 4 競⾺場の豪華指定席でダートグレード競⾛観戦ができる賞品や、東京ダービー2023 年度優勝⾺がデザインされた QUO カード、南関4場グルメセットなどを⽤意している。

さらに、「#SPAT4 会員数 100 万⼈達成 Twitter キャンペーン」では、対象ツイートのフ

ォロー&リツイートで、抽選で 1,000 名に QUO カード Pay1,000 円分が当たる。

このサービスのイメージキャラクターを務める安⽥顕さんは、「いつも利⽤いただいている⽅はもちろん、SPAT4のサービスを通して、少しでも地⽅競⾺に興味を持っていただいた皆さんに向けて、スペシャルなキャンペーンを実施します」。

詳しくは、『SPAT4 会員数 100 万⼈達成!⼤感謝祭』特設ページをご覧下さい。イメージキャラクターを代表して、今後とも『SPAT4』をよろしくお願いいたします」とコメント。

今後も「SPAT4」は、地⽅競⾺公式サービスとして、さまざまなコンテンツを展開していく。

『SPAT4 会員数 100 万⼈達成!⼤感謝祭』キャンペーン概要

・実施期間:2023 年 2 ⽉ 27 ⽇(⽉)〜3 ⽉ 26 ⽇(⽇)

・特設サイト URL:https://spat4special.jp/million_cp

「SPAT4」イメージキャラクター 安⽥顕コメント

「『SPAT4』イメージキャラクターの安⽥顕です。地⽅競⾺公式サービス『SPAT4』はこの度、会員数 100 万⼈を突破しました。

いつも利⽤いただいている⽅はもちろん、この SPAT4 のサービスを通して、少しでも地⽅競⾺に興味を持っていただいた皆さんに向けて、スペシャルなキャンペーンを実施します。

詳しくは、『SPAT4 会員数 100 万⼈達成!⼤感謝祭』特設ページをご覧下さい。イメージキャラクターを代表して、今後とも『SPAT4』をよろしくお願いいたします。

安⽥顕プロフィール

1973 年 12 ⽉ 8 ⽇⽣まれ。北海道出⾝。
演劇ユニット「TEAM NACS」メンバー。
映画、テレビドラマ、舞台など数々の話題作に出演し、硬派な役から個性的な役まで幅広く演じている。
近年の主な出演作品にドラマ「初恋の悪魔」、「PICU ⼩児集中治療室」、映画「とんび」、「ラーゲリより愛を込めて」など。
待機作に、ドラマ『天使の⽿〜交通警察の夜〜』(前後編、NHKBS4K 20:00〜22:59放送)が控える。

「SPAT4」について

南関東 4 競⾺場が共同で運営する、全国の地⽅競⾺の⾺券を電話・インターネットで購⼊できるサービス。実際に競⾺場に⾏かなくてもスマートフォンや PC を使ってどこからでも⼿軽に競⾺を楽しむことができる。

地⽅競⾺の投票ができるほか、全てのレース映像やさまざま

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。