水族館好きにはたまらない!年パスで通える水族館のある東京の家賃が安い駅ランキング

梅雨時期は、家族や友人とのお出かけが難しくなりますよね。天候に関係なく楽しめるスポットの一つとして「水族館」があります。大人から子どもまで、気軽に楽しむことができ、特に年間パスポートがある場合、お得にいつでも遊びにいけるのでお子様とのお出かけにぴったりです。

そこで今回は、LIFULL HOME’Sが公開した「年パスで通える水族館のある家賃が安い駅ランキング(東京編)」をご紹介。

LIFULL HOME’Sは、東京都内で年間パスポートを発行している主な水族館のある駅を調査し、それらの駅周辺の賃貸物件の家賃相場を比較し、家賃が安い駅のランキングを作成。これにより、水族館へのアクセスが便利で、かつ、家賃が安い駅がわかります。

それではランキングをみていきましょう!

年パスで通える水族館のある家賃が安い駅ランキング(東京編)ランキング

ランキングの第一位は「竹ノ塚」で平均家賃が69,000円となっています。
竹ノ塚駅周辺には、「足立区生物園」があり、こちらでは金魚が泳ぐ大水槽がエントランスで訪れる人々をお出迎えしてくれます。

海の生きものだけでなく、南国の蝶が舞う大温室や、年間を通して飼育されているホタル、里山の自然を再現した昆虫ドーム、さらに小動物とのふれあいコーナーといった多彩なゾーンが存在しています。

第二位は、有名な葛西臨海水族園がある、葛西臨海公園駅!となりには東京ディズニーリゾートもある、子育て世代にも人気のエリアですね。

ランキングの第三位は「高島平」。

ここには徒歩約7分の場所に「板橋区立 熱帯環境植物館」が存在します。

地下階にはミニ水族館が設けられており、東南アジアを中心とした海水・汽水・淡水の魚など約150種2500匹の生きものが展示されています。

様々な植物が展示されている温室は複数のゾーンに分けられており、訪れる人々は熱帯雨林の奥深くから高山帯までのジャングルを登っていくような気分を味わうことができます。

この梅雨の時期、天候を気にせずに楽しむために、家族で年間パスを利用した水族館訪問を検討してみてはいかがでしょうか。家賃も気になる方は、ぜひLIFULL HOME’Sのランキングを参考にしてみてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. ドラえもんと日清サラダ油100周年コラボ!発売100周年記念新CM、キャンペーンスタート

  2. ロバート・ウォルターズ・ジャパン ブランドコンセプトを一新、DEI推進に注力

  3. 楽天とOpenAI、通信業界向けのAIツール開発で協業

  4. 自治体のサイバー対策を強化

  5. ハッカー集団ロックビットが再開

  6. 音楽含むマルチモーダルAIモデル「AnyGPT」、AIの“パラメータ”を生成するAI「P-diff」など重要論文5本を解説(生成AIウィークリー)

  7. テレ東が広告申込みをオンライン化!

  8. radiko新サービス!ポッドキャスト配信開始

  9. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  10. ロボットの料理宅配開始へ

365AIニュースセンター最新記事

  1. 【日経平均株価】史上最高値更新も実感 ゼロ? 今こそ【新NISA】で資産形成を始めるべき理由

  2. 長草くん×17LIVE!TikTok発人気キャラの衝撃コラボ

  3. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  4. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  5. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  6. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  7. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  8. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設