水族館好きにはたまらない!年パスで通える水族館のある東京の家賃が安い駅ランキング

梅雨時期は、家族や友人とのお出かけが難しくなりますよね。天候に関係なく楽しめるスポットの一つとして「水族館」があります。大人から子どもまで、気軽に楽しむことができ、特に年間パスポートがある場合、お得にいつでも遊びにいけるのでお子様とのお出かけにぴったりです。

そこで今回は、LIFULL HOME’Sが公開した「年パスで通える水族館のある家賃が安い駅ランキング(東京編)」をご紹介。

LIFULL HOME’Sは、東京都内で年間パスポートを発行している主な水族館のある駅を調査し、それらの駅周辺の賃貸物件の家賃相場を比較し、家賃が安い駅のランキングを作成。これにより、水族館へのアクセスが便利で、かつ、家賃が安い駅がわかります。

それではランキングをみていきましょう!

年パスで通える水族館のある家賃が安い駅ランキング(東京編)ランキング

ランキングの第一位は「竹ノ塚」で平均家賃が69,000円となっています。
竹ノ塚駅周辺には、「足立区生物園」があり、こちらでは金魚が泳ぐ大水槽がエントランスで訪れる人々をお出迎えしてくれます。

海の生きものだけでなく、南国の蝶が舞う大温室や、年間を通して飼育されているホタル、里山の自然を再現した昆虫ドーム、さらに小動物とのふれあいコーナーといった多彩なゾーンが存在しています。

第二位は、有名な葛西臨海水族園がある、葛西臨海公園駅!となりには東京ディズニーリゾートもある、子育て世代にも人気のエリアですね。

ランキングの第三位は「高島平」。

ここには徒歩約7分の場所に「板橋区立 熱帯環境植物館」が存在します。

地下階にはミニ水族館が設けられており、東南アジアを中心とした海水・汽水・淡水の魚など約150種2500匹の生きものが展示されています。

様々な植物が展示されている温室は複数のゾーンに分けられており、訪れる人々は熱帯雨林の奥深くから高山帯までのジャングルを登っていくような気分を味わうことができます。

この梅雨の時期、天候を気にせずに楽しむために、家族で年間パスを利用した水族館訪問を検討してみてはいかがでしょうか。家賃も気になる方は、ぜひLIFULL HOME’Sのランキングを参考にしてみてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施