ゴミ拾いを競技に、環境保護への次の一手「スポGOMI」がユニクロ原宿店で開催

4月22日、ゴミ拾いをスポーツ感覚で楽しむ「スポGOMI」と、グラフィックアーティストの花井祐介さんとのイベント「スポGOMI×UNIQLO×花井祐介」がユニクロ原宿店で開催された。

花井さんは、環境への身近なアクションを⼀押しする「ONE STEP FORWARD」のテーマでUTとコラボしており、⾃⾝でも環境保護へアクションを起こすべく今回のイベントが実現したという。

 ⼀般参加者とともにゴミ拾いをするだけでなく、地球のことを考えて行動する日=アースデイ(同日、4月22日)の特別イベントとして、スポGOMI参加者を対象に花井さんによる、海洋ゴミを活⽤したワークショップが行われた。

開会式にて、MCから「スポGOMI」を知っていたから聞かれると、花井さんは「実は知らなかったんですけど、今回ユニクロさんからこういうことをやってるんだよと聞いて、ぜひやりたいと思って参加しました」とコメント。

また、本イベント用に特別にパネルに描かれたアートワークがあり、そのパネルに海洋ゴミを張り付けて一つの作品にするというワークショップが行われた。

このアートワークについて、花井さんは「逗子っていう海の方から来たんですけど、趣味でサーフィンをしていて、海にたくさんプラスチックゴミが浮いてるんですね。そのプラスチックゴミってどこから来るのかなと思ったら、9割以上ほぼ街中で捨てられたゴミが川を伝って海に流れてる。だから、街のゴミがなくなれば海のプラスチックゴミがなくなるんですね」と海洋ゴミについて話し、「ぼくらはいつもビーチクリーンをしているんですけど、それはいくらやっても終わらなくて、街のゴミがなくならないと海のゴミがなくならないので。そういう思いを込めて、海でゴミ拾いしたらタコや魚が喜んでるっていう絵を描きました」と解説した。

イベントには子供連れの家族などが多く集まり、スポGOMIの競技が行われた。競技が始まると、花井さん自身もスポGOMI専用のユニクロのTシャツを着用し軍手を着け、ゴミ袋とゴミばさみを持って原宿の街でゴミ拾いを行った。花井さんは、建物の隙間に隠れたゴミまで集めしっかり分別もして、一般参加の子供とも交流しつつゴミ拾いを進めていった。

ワークショップでは参加した子供たちが親に手伝ってもらいながら海洋ゴミをアートワークに張り付けていき、花井さんも我が子を手伝ったり、自身で海洋ゴミを複数張り付けたりとワークショップを楽しんでいた。 スポGOMIとワークショップを終えて、花井さんは「始めは思ったよりゴミがないかなと思ったでんすけど、結局ぐるーっと回ってみたらけっこういっぱいゴミがあって、これはもっと続けていけばもっとたくさんゴミを拾えて海がきれいになるかなと思いました」とコメントした。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施