お酒のプロ・酒販店員が今年最もお薦めしたい『酒屋大賞2023』受賞蔵が決定

酒屋大賞実行委員会は、全国の酒販店員が集い、今消費者に最もお薦めしたい酒蔵を選ぶアワード『酒屋大賞2023』の受賞蔵を決定。

10⽉6⽇(⾦)東京ポートシティ竹芝にて行われた受賞発表会にて発表した。

酒屋大賞』について

今年度初開催となった「酒屋大賞」。

日本酒と顧客であるファン、その二つを一番知る立場にいる酒販店員が日本酒業界に新しい流れをつくる。

ひいては日本酒業界を現場から盛り上げ、日本酒市場を活性化させることを目的にスタートした。

3蔵の大賞が決定

本選では、ノミネートされた各蔵から出品された3種類のお酒、合計20蔵60銘柄が対象となった。

20都道府県48名の酒販店員がオープン審査(商品名等を隠さずに利き酒を行い、味わいやコンセプトを評価する)を行い、蔵を総合的に評価。

3蔵の『酒屋大賞2023』受賞蔵を決定した。

『酒屋大賞2023』受賞蔵

受賞蔵は以下の通り。

■GOLD:今西酒造 (奈良県)

 出品酒:

 『みむろ杉 ろまんシリーズ 純米吟醸 山田錦』

 『みむろ杉 ろまんシリーズ Dio Abita』

 『みむろ杉 木桶菩提酛 2022酒造年度 南木桶-壱号』

■SILVER:花の香酒造 (熊本県)

出品酒:

 『産土 2022山田錦|二農醸』

 『産土 2022山田錦 自然農法|五農醸』

 『産土 2022穂増|四農醸』

■BRONZE:阿部酒造 (新潟県)

 出品酒:

 『あべ 純米吟醸』

 『FOMALHAUT SPARK2022』

 『上輪新田2022ビンテージ』

日々情熱を持って日本酒と向き合う酒販店員だからこそ、心からお薦めしたいこだわりの一本がある。

そんな一本を生み出す酒蔵が全国から集結し、プロフェッショナルたちによってその年の一番の酒蔵を決める、これまでにないまったく新しい取り組みだ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. Google、軽量&オープンで商用可能な新世代AIモデル「Gemma」を発表 ~NVIDIA GPUにも最適化/パフォーマンスは「Llama-2」をベンチマークで上回る

  2. ロボットの料理宅配開始へ

  3. ワークマン、子ども服に本格参入

  4. AI悪用による選挙妨害阻止、大手IT20社が協力取り組みに合意

  5. H3ロケット試験機2号機、打ち上げ成功

  6. OpenAIが実用レベルの動画生成AI「Sora」を発表 ~テキストから最長1分の動画を生成/映像内に映ったものが物理世界にどのように存在するのかも考慮

  7. 【エン人材教育財団】受賞はクラダシとロート製薬 第4回CSA賞~20代に薦めたい『次世代型人材』創出企業〜

  8. 高速PA・SAにコンビニ型ジム「chocoZAP」設置

  9. まるで本人、ネット詐欺の「ディープフェイク」技術が向上して見分けるのが難しいレベルに【ネット詐欺に注意!】

  10. 企業の福利厚生に売店ではなくセブン‐イレブンという新発想 50㎡から出店可能で充実の品揃え 最大のウリは「レジ待ち0分」

365AIニュースセンター最新記事

  1. DA PUMP「ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~」!auスマートパスプレミアム会員限定無料DL

  2. 2月13日は【NISAの日】新NISA開始から1ヶ月!今からでも間に合う!失敗しないファンドの選び方

  3. 『子供を作るってそーゆうもん~』『ジェンダーに関する価値観!』Z世代がアラフォー・アラフィフ世代の悩みをシンプル解決?

  4. セサミストリート誕生55周年記念展が松屋銀座で開催決定!ベビーエルモやクッキーモンスターのキッチンカーも初展示

  5. 株式会社ミニチュアファクトリー、感動を生むミニカー製作で注目集める

  6. GMOが東京・世田谷に新セキュリティ拠点開設

  7. NTTが個人分身AI「Another Me」開発

  8. 恋愛感情が味に!?「恋AIパン」発売