横須賀市ふるさと納税 急速マイナス60度の『船上冷凍マグロ』を新鮮なままお届け 市の担当者は取材に「全国的にも珍しい企画」

神奈川県横須賀市は、本まぐろ直売所横須賀本店の天然びんちょうまぐろなどを、楽天ふるさと納税ポータルサイトなどにて出品開始した。

5取材班は、市の担当者に、今回の企画の意図などについて聞いた。

マグロ専門卸会社

横須賀市にある「本まぐろ直売所 横須賀本店」は、品質と鮮度にこだわり、本当に美味しいマグロを適正価格で、家庭の食卓へ届けているマグロ専門の卸会社だ。

船上で急速冷凍されたマグロを、常にマイナス60度に保たれたマグロ専用の最新鋭大型超低温倉庫に直接運んで保存。

新鮮さをそのままキープし加工するので、自信を持って鮮度抜群のおいしいマグロを提供できるという。

貴重な部位入りセットも

ふるさと納税返礼品では、極上の天然本まぐろはもちろん、1体のマグロからごくわずかしか採れないカマやホホなどの貴重な部位入りのセットも用意。

また、バラツキなどのため店頭では数量限定で販売している「訳あり」品は、ギフト品と変わらない美味しさの超お得な大人気商品となっている。

マグロ専門卸会社ならではのこだわりの品質と抜群の鮮度で、通常は市場に出回らない絶品のご馳走マグロを届けるそうだ。

マグロで笑顔になれば…

本まぐろ直売所横須賀本店担当者は、「本まぐろ直売所こだわりのマグロを、横須賀市のふるさと納税という形で全国の食卓にお届けできることを大変嬉しく思います」。

「美味しいマグロで皆様の食卓が笑顔になれば幸いです。皆様にご満足いただけるよう、心を込めて美味しいマグロをお届けいたします」と話す。

このマグロで勝負

また、横須賀市の担当者は「船上で冷凍したマグロを新鮮なまま、ふるさと納税返礼品としてお届けするのは、全国的にも珍しい」と語る。

(画像:横須賀市役所)

さらに、「解凍方法についても、添付してお送りする丁寧さも売り」と語った。

最後に、「12月は、ふるさと納税全体の約50%を占める『かきいれ時』。このマグロで勝負していく」と述べた。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 【人材育成】メンバーとの「1on1」はいったい何を話せばよいのか

  2. グーグル、「ハッシュタグ検索」を開始 日本発の“推し”検索

  3. 携帯電話の契約にマイナカード? ネット契約では必須に、しかし保有率は73.8%…【Nスタ解説】

  4. Google、生成AIで地方自治体をサポートへ

  5. 貿易収支、5月は1兆2213億円の赤字 市場予想とほぼ一致

  6. たんぱく質バランスとれていますか?—交通広告で意識喚起

  7. 《リポート》「泳げる霞ケ浦」推進 茨城・阿見町、観光客誘致策探る VR体験や国体跡地活用

  8. GMOインターネットグループ、AI・ロボット事業に参入

  9. 米半導体エヌビディア、時価総額で世界1位に マイクロソフト抜く

  10. 「集合住宅向けEV充電インフラ」でクリーンな暮らしを -EV充電インフラを先導する企業の挑戦

365AIニュースセンター最新記事

  1. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  2. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  3. 鴨川市花火大会

  4. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  5. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  6. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  7. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  8. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。