ふるさと納税を利用し虐待された児童へ支援 日本の寄付意識をシステムで促す

被虐待児童支援を行うため新設された「一般財団法人こどもたちと共に歩む会」と自治体が連携した、ふるさと納税による寄付受付を開始。これに際し、日本電信電話公社を経て、現KDDIを共同創業した千本倖生氏と、北海道・東川町長の菊池伸氏、新財団理事を務める髙田治氏が11月8日に記者発表会を開き、児童虐待防止支援事業への新たな取組について説明した。

千本氏は、神奈川県の養護施設に行った際に食事すら与えられない子供が存在することを知ったという。こうした日本の現状について「虐待を受けている子の数が先進国の中で一番組織化、予算化されていない」と問題点を指摘。実際、諸外国など特にアメリカは寄付に対する意識が高いとのこと。

千本氏は「日本は寄付に対して教育もされていないし、仕組み化もされていない、なかでも虐待に対する寄付は特に少ない。この虐待に寄付できる仕組みにすることでちょっとでも日本の寄付に対する意識を変えたい」との想いから経済界から発足したのが、「一般財団法人こどもたちと共に歩む会」だという。

髙田氏曰く、児童虐待の相談件数は年々増加しているとのこと。ネグレクトを経て育った子どもは、周りを警戒しながら生き、人に頼らず、恐怖を感じると攻撃的になり、自分を守ることに精一杯なため、新たな挑戦をすることが困難になるという。そういった子どもたちが施設での生活を経て、考え方を変えて地域に戻り、やがては親の世代になったときに虐待件数が減っていくのが狙いとのことで、そのために施設側への支援を行っていると話した。

理事の長年の虐待児童への診療治療の経験が反映された川崎子供心理ケアセンター「かなで」では、約6人の子供に対して4人の大人が施設と子ども達を管理している。しかし、1週間で働ける時間はひとりあたり8時間で合計40時間。24時間働くとなると人手が足りない状況に陥いっているという。

こうした支援が十分に行き届かない現状を鑑みて、「一般財団法人こどもたちと共に歩む会」が次に繰り出した一手が、地方自治体との連携。その一弾となるのが、子どもをメインに据えた政策によって30年間で人口が約1600万人増加させた実績を持つ北海道・東川町との取り組みである。

東川町は、町を応援するための投資制度として「ひがしかわ株主制度」を設けている。寄附者を株主とし、投資したい事業に寄付することで税金控除や東川町の宿泊優待を受けることが可能という制度だ。対する「ふるさと納税」も、寄附者は税金控除や土地の生産物を貰うことができる。「ひがしかわ株主制度」を個人版、「ふるさと納税」を企業版と分け、寄付金の一部を「一般財団法人こどもたちと共に歩む会」の財政へと充てるとのこと。寄付金は全国の児童福祉施設や自動たちへの支援、また一部が町の経費に活用される。 日本と海外で広がる寄付意識への格差を埋めるため、新たに生み出された新制度。子どもたちが安心・安全に暮らせる未来のためのシステムが機能するのか続報が待た

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. 渡辺雄太がXアカウントを“凍結”へ「SNSの付き合い方は改めて考えないと」「メンタルヘルスの問題に直面」今後は情報発信用に

  2. eスポーツの新大会を創設へ

  3. 下瀬美術館、世界で最も美しい美術館の一つに選ばれる

  4. Z世代のダイエット意識調査結果 初めてのダイエットは小・中学生が約3割

  5. Z世代の「推し活」が日常に!—最新調査結果

  6. 夏季賞与、企業の約4割で増加 帝国データバンク調査

  7. イオン、電子レシート約4,000店舗で導入へ

  8. LINE Pay、ついに日本のサービスを終了 25年4月末

  9. 2024年上半期 Z世代の流行語ランキング1位は?

  10. JR東日本、「推し活」を楽しめる新サービス「推しSta!」を開始

365AIニュースセンター最新記事

  1. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  2. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  3. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  4. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施

  5. 【東北大学受験生必見】ルークス東北大AO入試模試を今年も実施。

  6. 「そうだ 京都、行こう。」新CM 安藤サクラさんが旅人に登場

  7. アクト、運輸業界向け最新サイバー防御策発表

  8. 株式会社電子技販、工場見学&ワークショップ開催のお知らせ