クリナップが脱LDKを目指した「モビリティキッチン」プロトタイプを公開 武蔵野美術大学とタッグ

3月7日、武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパスにて、クリナップが「未来キッチンプロジェクト」産学共同発表会を開催した。そこで、電気・水道が無い場所でも調理ができる移動式「次世代キッチン」のプロトタイプが公開された。

同社は2019年より、武蔵野美術大学と未来キッチンのビジョン研究を開始。ビジョンの事業化を実現するために、 2023年2月に「未来キッチンプロジェクト」を始動した。もっと暮らしとキッチンが<自由になること>、災害時に<地域社会で助け合うこと>を目標に、“脱LDK”を1つ目の開発テーマに掲げ、活動を実施。

今回、武蔵野美術大学との産学共同で生まれた構想を元に、フィルター製作等を行っている三美製作所と「ろ過装置」を用いた野外での実証実験を行った。その結果、水道が無い場所でも、水を循環させることで使用できるシンクを実現。

本発表会では、実証実験の結果をもとに製作された次世代キッチンのプロトタイプが初公開され、クリナップ開発戦略部商品戦略課の近岡咲主任がサービス概要について説明した。

モビリティキッチンは給排水という家との繋がりをなくすことで、住宅設備から脱却し、場所を選ばない自由な調理と新しいライフスタイルを提案する。モビリティキッチンはシンクユニット、ワークユニット、コンロユニットの3つから成り、1ユニットのサイズは持ち運びやすさと料理の利便性を両立するマチ600ミリ、奥行480ミリ、高さ200ミリ。それぞれが独立しているため、配置を変えて新たな生活シーンを作ることが可能で、近岡氏は「これからの料理は、使う人にキッチンが合わせてくれる」とプレゼンする。

シンクユニットには、循環ろ過装置が搭載。吐水された水は、装置の下部のくぼみに戻っていき、その水を装置が吸い上げて水が循環する仕組みだ。また、循環ろ過装置に収められた2つのフィルターが互いに洗浄しあう逆洗浄機能をもち、災害時でも独立して長時間稼働できる設計になっている。

今後クリナップは、本プロトタイプに限らず、複数の未来のキッチンモデルの検証を行っていくとされる。

なお、本発表会中には、武蔵野美術大学山崎和彦特別研究員が審査委員長を務めた「未来キッチン イラストコンテスト」の最優秀賞授与式も行なわれた。最優秀賞を受賞した千葉市立士気南小学校3年の西岡さんは「3,000作品の中から選んでいただき光栄です。ありがとうございます」と挨拶し、戦争でご飯が食べられない人がいる現状から着想を得て、そんな問題を解決できるよう製作したものだと紹介した。描いた作品を立体化したモデルが授与されると、「思っていたよりすごいです。歯が鋭くペットボトルを食べててかっこいいです」と喜びを見せていた。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新ニュース記事

  1. トヨクモクラウドコネクト、給付金支給業務のBPaaSサービスを開始

  2. ソフトバンクG、AI向け半導体企業の英グラフコアを買収

  3. 未来志向のまちづくりへ「プライム ライフ テクノロジーズグループ」新ブランド戦略を発表

  4. “女子は理系に向かない”とは思い込み? 女子生徒がIT企業など訪問の新プログラムとは

  5. ビズリーチ、HRMOSに「社内版ビズリーチ」提供へ 社内から即戦力を採用

  6. LINEヤフー、社内業務を効率化する「SeekAI」全社導入

  7. 京王線明大前駅で『ジハトク』サービス導入、株式会社エム・ピー・ソリューション

  8. AIの活用進む中国の医療現場、「Apple Vision Pro」もオペ室で活躍

  9. Stability AIが商用ライセンスを修正、最新モデル「SD3 Medium」が期待外れな品質だったことを認める/非商用利用/個人の商用利用は無料、改善アップデートも予定

  10. 防衛省、人材確保へ初の検討委

365AIニュースセンター最新記事

  1. 甘いとうもろこしとフライドチキンの絶妙コンビ。夏限定!「もろこしチーズバーガー」新登場

  2. 「ミラン・クンデラ」文学の巨匠、その遺産と新たな再発見。集英社文庫が4タイトルを電子書籍化

  3. 『お金の日本史 完全版』発売:日本の経済史を紐解く新刊登場

  4. 鴨川市花火大会

  5. 神戸ポートタワー、リニューアル後49日で来場者10万人突破

  6. お笑い芸人・九月による高校生向け授業、今年度から開講

  7. 米粉を使って新食感!日本人の知らないフライドチキン屋のトリセツ

  8. 【参加無料】筑波大学の推薦入試模試「ルークス筑波大推薦模試」を実施